常備

ちょっとした車のトラブルはつきものです。中古車なら特に、メンテは必要です。車に詳しくないとしても、いざって時の対処の仕方ぐらいは知っておきたいもの。

例えば、バッテリーがあがってしまったら。ナビにオーディオ、ETC、エアコンなど、最近のクルマはバッテリーに負担がかかる装備品が多い。そんな時のためにブースターケーブルを常備しておこう。ブースターケーブルのつなぎ方は、まず、バッテリーの上がってしまった車のプラス端子に赤いコードをつなぎ、もう一方を別の車のプラス端子につなぎます。次に、黒いコードをバッテリーが上がってしまったのマイナス端子に、もう一方を別の車の-端子につなぎます。コードのワニ口を端子以外の場所に接触させると、火花が散ったり、故障の原因となることがあるので、注意して行ってください。つなげたらエンジンをかけましょう。エンジンがかかったら、ケーブルは外してもいいです。すぐにエンジンを切らずにしばらくかけておこう。
車を売る40秒で秒速見積もりdo