肥満が引き起こす健康障害

肥満の人が最近日本でも増えていますが、肥満はさまざまな健康障害を引き起こすと言われています。肥満とは、標準体型と比較すると体重が多い、または体脂肪率が著しく高くなっていることをいいます。肥満を知る指標になるのは、身長と体重から算出できるBMIという数字です。もしもBMIを出した時に25以上になったなら、健康を阻害する恐れがあるため、肥満症を治療することが必要になってきます。

肥満が原因で起こる健康障害にはどのようなものがあるのでしょうか。肥満になり体が大きくなると毛細血管もその分長く伸びます。毛細血管に血液を循環させるために、心臓はより高出力で血液を送り出さねばならなくなります。肥満の場合は心臓病の脂肪率が普通の人の1.5倍の割合で高くなるほど、心臓病という健康障害は深刻です。

肥満の人が歩くときには膝に体重の2~3倍の負荷がかかります。肥満が原因で変形性膝関節症などの健康障害が起こる可能性があるといえます。膝だけでなく、腰を痛める人も少なくありません。肥満による健康障害の一つに、睡眠時無呼吸症候群があります。全身に脂肪がつくため気道も狭くなり、寝ている間の呼吸が止まってしまうのです。高血糖、高血圧、高脂血症などさまざまな生活習慣病のリスクもあります。肥満は女性の場合婦人科の健康障害が出る場合があります。子宮のがんや妊娠困難、生理不順など、卵巣に関係する様々な問題が、肥満のせいが起きることがあります。肥満が原因で起こる健康障害はたくさんあるので要注意です。
http://www.oregoncoastradio.com