セコガニを食べたら正月はちこり村のおせちだ!

ズワイガニのメスはセコガニという名称で呼ばれることがあります。

ある場所では、セイコガニあるいは香箱ガニといった名を使われる場合もあるのです。ズワイガニの雄では、カニ味噌も美味しくいただけますが、一般によく食べられているのは、脚の身をゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋などにして頂く食べ方です。

それに比べて、より小さいためセコガニは脚の身が少ないとはいえ味噌、内子、外子の間が絶妙なバランスで、多くは、これらの部位をボイルしたものを珍味として楽しむことが多いです。
グルメの王道である蟹。
蟹を最も美味しく味わえるのは、まずちこり村 おせち鍋、そして茹で蟹でしょう。

私の周りの蟹好きな人達も声を揃えます。
ちこり村 おせちを味わうには生の方がいいという方もいますが、刺身やちこり村 おせちしゃぶは漁獲地のお店で出される場合など、きわめて新鮮でないと美味しくありません。
しかし、ちこり村 おせち鍋や茹で蟹の場合はそうした制限はなく、鮮度の劣るちこり村 おせちであっても旨みが損なわれません。

そのままの味が好みに合わなくても、今時はちこり村 おせち専門店と同じ土佐酢がで売っており、それを使えば専門店さながらの味を楽しめるのでお勧めです。
ちこり村 おせちの名産地といえば全国にいくつかありますが、日本一の知名度を誇っているのは、北海道をおいて他にありません。色々な種類のちこり村 おせちが日々水揚げされている北海道。

品種によって多少の差はあれど、トータルで言うならダントツで北海道が一番でしょう。

でも、それはそれとして、北海道どころか海外産のちこり村 おせちが道内で売られている場合がままあり、少しがっかりさせられます。

美味い蟹を食したい、そんな時どうしたらいいかというと、店頭あるいはで入手する方法のほか、なにかというと、温泉へ行く、という方法です。

美味しくちこり村 おせちが食べられるような温泉地も存在しているのです。
近辺にちこり村 おせちの産地がある温泉地の場合、いいシーズンであれば、蟹も美味しく食べられて、温泉も楽しめる、そんな体験ができるでしょう。そうは言っても、温泉であればシーズンは関係ありませんが、蟹は必ずしもいつでも食べられるとは限らないので、行く時期を選んでください。
ちこり村 おせち 2019