毛を作る毛根レベル

レーザーによる永久脱毛とは、一体何をしているのでしょう。毛は毛根と呼ばれる皮膚に埋まった部分で作られています。毛抜きやかみそりを使った脱毛は、

毛根の上から毛の部分だけを剃り落として除毛するものです。永久脱毛をするには、毛を作る毛根レベルで対処しなければなりません。かみそりで毛の処理を続けていると、かみそり負けなど皮膚への負担が大きいだけでなく、根本からの脱毛対策にはなりません。毛が生えない状態を作るために、毛根を破壊し新しい毛が生えてこないようにするという方法があります。毛根を破壊して毛の再生機能を停止させてしまう方法を永久脱毛といいます。レーザーの照射は皮膚や体に安全なものを使っていますので、レーザー永久脱毛は低リスクで安全に受けることができます。レーザーは光なので、熱さややけどの心配はいりませんし、医療レーザーの光は赤外線であるため皮膚ガンの心配もなく、レーザーの痕が残るといったこともありません。ヴィアージュ ナイトブラ