謎めいたように感じる憧れ

京王線の仙川駅から歩いて10分弱ほどの場所に都立神代高等学校があります。

昼間は普通科の生徒が通う学校でもありますが、定時制の高校でもあります。
地元の友人が通っていて、よく学校での話を聞いていました。
授業こそ、もちろん一緒に受けることなどないのですが、普通科の生徒が下校時間と定時制の生徒の登校時間が重なることもあったようで、部活をやっている生徒は帰りも遅いことから定時制の生徒さんとのちょっとした交流もあったようです。
所属する科は違えど、同じ学校に通う生徒として恋が生まれることもあったようです。
定時制の生徒は、年齢的にも少し年上が多く、定時制の男子に憧れていた普通科の女子生徒も少なからずいたと聞いていました。
同じ学校に通いながらもそれほどの接点もないことからそんな気持ちが芽生えるのも分からなくもないですし、普通科オンリーの学校に通っていた自分にとってはなんだかトキメクような感じでもありました。
通信制高校の評判や進学率