皮脂膜の性質

肌が脂ぎっているか、中性になってるか、荒れているかといったことは何によって決まるのでしょうか。皮脂膜の性質

によって決まってくるということができます。皮脂膜とは汗と皮脂がほどよくクリーム状にまざり合っていて、皮膚の表面にできているものということができます。この皮脂膜は皮膚の潤いを作り上げるものということができます。この水と油のまざり方によって皮脂膜の状態がそれぞれ違ってくるということがいえます。油の方が水よりも多い時はどうなのでしょうか。皮膚は、コールドクリームのような状態になります。これは肌が脂ぎっている状態ということができます。反対に水の方が油よりも多い時は、肌は荒れ気味になるということができます。ですから、肌の上にある水と油のバランスが美しい肌を作る上では非常に重要であるということができます。ではどうしたら皮脂膜を理想的な状態に保つということができるのでしょうか。これについてはまた別の機会に書きたいと思います。viage ナイトブラ