便秘で肌が荒れるのは何故?有効な便秘解消法を教えて!

便秘になると肌が荒れると言われていますが、どんなメカニズムで肌荒れを引き起こすのかご存知ですか?一見関係のなさそうな便秘と肌荒れですが、実は深い繋がりがあったのです。そこで今回は、便秘で肌が荒れる原因についてご紹介していきます。又、便秘の解消法も記載していますので、ぜひご参考にして下さいね!

【便秘が肌荒れを引き起こす理由とは?】

便秘になり便が腸内へ溜まると3日目辺りから腐敗が始まります。便は腐敗すると有毒ガスが発生し、やがて腸に吸収されて血管に侵入します。そして血液を通して全身を巡ります。すると皮膚細胞が有毒ガスを排出しようと働くのですが、この働きのせいで皮膚細胞に負荷がかかり、ターンオーバーが正常に行えなくなって肌が荒れるのです。さらに、便秘になると腸内環境が悪化して自律神経の乱れを引き起こします。自律神経が乱れると血行不良が生じて健康な肌に必要な栄養が十分に行き渡らなくなりますし、ターンオーバーの機能を低下させてしまうのです。これが便秘によって肌荒れが生じるメカニズムですので、覚えておいて下さいね。

【便秘を解消する方法って?】

*食物繊維や乳酸菌の摂取*
食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類があります。水溶性食物繊維は便に水分を含ませて排出をスムーズにする働きが、不溶性食物繊維は便のカサを増やして腸を刺激する働きがあるのです。この2つの食物繊維を「水溶性1:不溶性2」の割合で摂取する事で便通を良くする事ができます。又、ヨーグルトや発酵食品等に含まれる乳酸菌も腸内環境を整えるのに相応しい成分ですので、積極的に取り入れて下さいね。

*適度に運動する*
運動不足になるとお腹周りの筋力が弱まり、便を押し出す力が鈍くなってしまいます。軽い筋トレや有酸素運動を取り入れ、筋力の回復を目指しましょう。又、運動は便秘の要因となるストレスを解消する効果もあるのでオススメです。

*水分を摂取する*
体の中の水分量が減ると便が硬くなり、排出が困難になってしまいます。水分をあまり摂取しないという方は、意識的に水を飲むようにして下さい。1日1.5Lを目安に摂取しましょう。冷え性の方は腸を冷やさない為にも白湯がオススメですよ。又、寝起きにコップ1杯の水を飲むと腸が刺激されて排便が促されますので試してみて下さい。

【便秘を改善して肌荒れのサイクルから抜け出そう!】

今回は、便秘が肌荒れを起こすメカニズムについてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?便秘が続くと肌荒れだけでなく、頭痛・吐き気・腰痛等の体調不良も併発してしまいます。健康な体と肌を取り戻す為にも、1日でも早く便秘を改善して下さいね!

もちろん肌の外側からケアすることも大切!「みんなの肌肌潤糖」のように赤ちゃんにも使えるくらい優しいスキンケア用品もあるので、そういったものを使ってきれいな肌をともりどそう!

みんなの肌潤糖