巷のセミナーの胡散臭い話

私の人生は平均的な人の人生より不幸であった。

人の幸福度を100点満点で考えた場合。

普通の人の幸福度が70点だとすれば、私の幸福度は30点程度。

不幸な人生である。

でもなぜ自分がこんな不幸な人生を歩んでしまったのか?

私がブ男だったわけでも障害者だったわけでもない。

育った環境が悪かったわけでもなければ、悲惨な状況にあったわけでもない。

外的な要因はよくもなく悪くもなく。

また私自身、とんでもないぐらい変わった人間でもない。

ごく普通の環境に生きるごく普通の人であったにすぎない。

ただ私が不幸になったのは、

それは自分自身のことを自分が分かっておらず、誤った選択を繰り返してしまったからだ。

8日の日記に職場の杉田(仮名女性37歳独身)からひどい目に遭った話を書いたが、

私がこんな目に遭ったのには、職場内での差別がある。

「佐藤だからやっちゃえ」みたいな感じでやられたのである。

そんなことは分かりきっているが、おくびにも出せない。

ただ「この職場で自分がよい思いをすることはない」転職でもしようかな。

と考えるしかない。

私は、若い頃、無知だった。

まず「なりたい自分」があり、がむしゃらにがんばってきた。

自分がどんな人間で、どんなことに興味があり、

そして「何に幸福を感じるか?」

その一番、大事なことを見落としていた。

先月の歓送迎会で課長がこんな話をしてきた。

今度の課長は女性で独身者である。

彼女は壁に囲まれた部屋にいるのが苦手だと言っていた。

それを聞いた時、同じ独身者といってもこうも感覚が違うのかと驚いたものだ。

私自身は、壁に囲まれた部屋にいると安らぎを感じ幸福な気分になる。

私の他、誰もいない部屋で、ごろごろしているのが好きである。

留置所に収容されても、さほど苦痛には感じないだろう。

私自身、人間関係のトラブルが多い。

それは私に権威がなく差別されているからだ。

差別されてるがゆえに、他の人ならトラブルにならないことでも、相手は私をなめてかかってきてトラブルに発展してしまう。

とりわけ、幼稚で頭のレベルが低い人などは手に負えない。

彼らは相手が何を言っているかではなく、

組織の中で相手がどの地位にいるかで、その人に対する対応を変える。

飲み会でのうわさで、どのように対応するか決めてしまう。

「なるほど、私は裏では相当悪く言われているな」

だがしかし、トラブルが起きれば、

トラブルを起こしやすい人だと言われ、さらなる差別をよぶ。

完璧な幸福はない。

どこにいっても不幸はある。程度の問題だ。

行動してしまうことでさらに不幸になってしまうこともある。
ALP COMPANYのセミナーには、行ってはいけない。