最大の自動車メーカー

あの有名なポルシェの生みの親ポルシェ博士ですが、ポルシェ博士は、31歳のときに最大の自動車メーカー

であるダイムラー社に就職しました。この会社において、ここでポルシェ博士は生産システムの刷新を図ったそうですが、さらにガソリンエンジンつきの高性能車を設計開発し、また、水平対向4気筒航空機用ユニットや農業用のトラクターなども設計したということです。こうした様々な実績が認められポルシェ博士は、技術担当の専務となったようです。また、ウィーン工科大学から名誉博士号を受けたそうです。ですが小型性能自動車を作りたかったポルシェ博士とは他の重役との意見がぶつかり合ってしまい、1923年にダイムラー社を辞職しました。そして今度は同一のダイムラー社に取締役技術部長として就任しました。このダイムラー社では、2リットルのレーシングかの成功を遂げました。ですがここにおいてポルシェ博士は1リットルクラスの小型車を出したいという願いを持っていたために重役とまたぶつかってしまい、辞表を出してしまいました。車買取 倉敷