粘り気

エンジンオイルにはいくつかの粘度つまり粘り気が2種類があって、それをうまく使い分けることによってエンジンが気持ちよく回ったり、

燃焼が良くなったりするという恩恵に預かるということができます。エンジンオイルを一言で言いましても、粘っこいもの~サラサラとしたものまで沢山あります。この粘土というのは温度で違いが出てきます。もちろん温度が高くなればサラサラとしているということができます。例えばもともとサラサラとしたオイルを夏に使うともっと支えになって粘膜切れを起こし潤滑の働きをしにくくなります。ですから夏場にはちょうど粘りの強いエンジンオイルを使うと良いというふうに言われています。逆に冬は、粘り気の強いエンジンオイルを使うと、エンジンがなかなかかからなかったりとか。走り始めにエンジン回転が重いというふうに感じます。重く感じるということは摩擦が大きいわけですから当然燃費も悪くなってしまいます。ですので、冬はあまり粘り気のあるエンジンオイルは使いません。車査定シュミレーション