ストローク

自動車のエンジンの話についてですが、ピストンが行き来する距離が短いほど高回転でエンジンを回すことができるというのは、

考えてみると常識ということができます。そのピストンの行き来する距離のことを、ストロークという表現を使います。このストロークと、シリンダーの直径をもとに計算した筒の面積を掛け合わせることによって、排気量を計算することができます。ピストンが行き来するストロークは、排気量に関係する数値でもあります。シリンダーの直径はボアと言うように表現しますが、これも実は排気量を左右する数値ということができます。そこでエンジンの排気量がいっていであっても、ボアとストロークの数値は様々に考えられるということになります。例え同じ排気量のエンジンであっても、自動車メーカーによって、あるいは、セダンなのかスポーツカーなのかといったことなど、使われる目的によってもエンジンのボアとストロークの数値が違ってくるということができます。プリウス 値引き 2017