子供のピアノ 楽譜を読むことよりも耳で覚えるのが先

楽曲を覚えて正確に奏でるためには、楽譜をきちんと読みこなす技術が必要です。たしかに、楽譜に目を通すことは大切な技術ではありますが、幼い子供や初心者の場合は、楽譜はピアノの前に飾ってある程度の存在…といっては大げさかもしれませんが、レッスンをはじめて1年程度のうちは、楽譜はあってないような存在でもかまわないと思ってください。

まだ、文字を読むのもやっとのお子さんでしたら、なおさら、楽譜を読むことよりも、まずは、聞いてみることの方が大切です。曲を聴いてみる、歌詞をうたってみる、ドレミで歌ってみる…そしてピアノで弾いてみる。はじめてのレッスンレパートリーは、4小節程度の短い曲が中心です。楽譜を読みながらというよりも、耳の感覚がよいお子さんのうちは、聞いて、歌って覚えてしまった方が、ピアノを弾く場合にも、圧倒的に早く上達します。聞いたことのある曲、ドレミで歌える曲の方が、よく弾けるというのは、大人も同じはずです。

耳鳴りサプリでキーンという音が消えた