お肌のシミはなんで出来るの?

年齢をかさねていき、あるとき鏡のまえでふと、「あれ、こんなところに・・・」。そう、いつのまにかシミができていたりします。まだそれほどの年齢でもないのになんで、なんて悩むくらいならあらかじめシミができにくくなるようにしておいたほうがよいですね。

さて、それではお肌のシミはどうやってできるのでしょうか。その原因はずばり、紫外線です。紫外線とシミ、一見なんの関係もなさそうですよね、でもちゃんと理由があるんです。順を追って説明していきます。まず、お肌はその奥にある細胞を守るようにできています。自分の意志とは関係なく守ろうとするので、人間がそういうふうに出来ている、ということですね。太陽に含まれる紫外線は一種の刺激なので、お肌はその刺激から細胞を守るべく行動します。その時にできるのがメラニンというものです。健全に新陳代謝がされているなら、いずれこのメラニンはなくなりますが、新陳代謝が悪くなっている状態だとメラニンが残ってしまいます。この残ったメラニンがシミというわけです。つまりシミを作りたくないなら、紫外線から肌を守るのと、しっかり新陳代謝する体づくり両方で対策しなければなりません。

ジェリータの効果は?お肌の味方エミューボディークリームの魅力を公開