ダイエットでリバウンドしないための正しい痩せ方

ダイエット中に停滞期がどうしてあるのかを知ることで、リバウンド予防をすることができます。せっかくダイエットで体重を落とすことができても、リバウンドをして体重が増えてしまうことはよくあるケースです。ダイエットとリバウンドを繰り返していては、いつまで経ってもダイエットに成功することはできません。

リバウンドが起きる理由は色々ありますが、ダイエット中の精神的ストレスを緩和するために過食してしまうという人もいます。過剰なストレスのあるダイエットをしていると、遠からずダイエットの実行自体が不可能になってしまいますので、ダイエットのやり方を変える必要があります。

ダイエットを継続していると、始めのうちはスムーズに体重が減少しますが、その過程で停滞期に入ってしまうことがあります。一時的にカロリー摂取量を減らすと、身体はエマージェンシーが鳴り響くようになり、食事を得られなかった時に備えて新陳代謝を低下させ、できるだけ体内のカロリーを使わずにキープしようとします。この停滞期に直面したときに、挫折してしまい食事を摂りすぎてしまい、リバウンドしてしまうことにつながります。

脂肪が体内に吸収されると、レプチンというホルモンが分泌されてしまい、満腹中枢を刺激して満腹感を得ることができます。ダイエットをしている時は脂肪の摂取量が少ないので、レプチンの活動も停滞して、お腹が空きやすくなります。極端なダイエットをしていると、停滞期を我慢し続けることが難しくなって、ストレスの反動で食べ過ぎてしまうということもあります。

リバウンドが起きないようにダイエットをしたい場合は、1カ月に体重の5%以内の体重を落とすだけに留めて、ダイエットをしすぎいなようにすることです。

光脱毛は抜ける効果がある?