紫外線対策や化粧品で美白を目指す方法

肌を白くするために、美白化粧品などを用いたスキンケアだけでなく、美白にいい食べ物を食べるという人がいます。美白するには、紫外線対策が重要ですので、帽子をかぶったり、日焼け止めを塗るように気を配りましょう。化粧品では、メラニンの生成を抑える美白成分が入った化粧品がお勧めです。日焼けをした直後の肌は乾燥しやすくなっていますので、化粧水をつけるといいでしょう。強い紫外線で肌がダメージを負っている時は、やけどの症状に近くなっていますので、直後に化粧水をつけると皮膚に負担になることがあります。新しい美白化粧品を使い始めた時は、短くても3カ月はその化粧品を使ってみてください。化粧品を切りかえたからといって、直後に肌が白くなることはありません。

抗酸化作用がある食べ物を、日々の食事で食べ続けることも、美白のためには効果があります。ビタミンCやビタミンEは強い抗酸化作用があり、別名抗酸化ビタミンとも呼ばれています。ビタミンCやEを多く含む食品としては緑黄色野菜があります。ビタミンCは、熱をかけると壊れてしまう性質かありますので、できれば生の状態で野菜は食べるようにしましょう。豆乳にはL-システインという美白に役立つ成分が含まれていますので、納豆や豆腐などの大豆加工品も、美白を目指すなら摂取したい食材です。日焼け対策や、美白化粧品を使った毎日のスキンケア、そして美白に役立つ栄養を食事から補給することなど、美白にいいことはたくさんありますので、試してみてください。

また、紫外線の強い夏と言えば蚊に悩まされます。

蚊よけ.jp

しっかりと蚊よけ対策をして、夏を乗り切りましょう。