靴もシンプルに

私は昔から靴に目が無く、独身時代は沢山所持していました。結婚や出産を経て、物が増えると、多くを管理することが億劫になり、必要最低限、最小限のもので生活することがよく思えてきました。

いわゆる、ミニマニストというやつです。シンプルになったのは靴も同様です。以前は何十足も色とりどりに様々なバリエーションを楽しんでいましたが、今はスニーカー、バレーシューズ、パンプス、サンダル、ブーツをどれも1、2足づつ、そして全て黒です。靴はしっかりと頻繁に手入れをしなければならないアイテムだと思っています。履かないでいても痛むので、たまにしか履かないものは不要と思い、使うものしか所持していません。人と接する際に、必ず目に行く場所ですので、常に綺麗にしておくのがエチケットです。黒なら、その点痛みが目立ちませんし、服装とのコーディネートにも悩まないので楽です。ホワイトでトータルコーデをしたいと思うこともありますが、その場合は、ワンシーズンのみと見切りをつけて購入します。こまめに洗えるスニーカーでさえ、白を維持するのはとても難しいためです。黒だけでも結構楽しめるものです。
バスケの子供用シューズ