MOS試験の内容やレベル分けの基準をご紹介します!

今回は、MOS試験についてご紹介します!
試験レベルは、ワードとエクセルにはスペシャリスト(一般)に加え、エキスパート(上級)という二つのレベルがあります。
ワード(文書作成ソフト)のスペシャリストでは、フォントや文字サイズの変更、作成した文書を印刷する、表を作成したり編集したりするなど、ワードの基本的な編集の機能をしっかりとわかっている方となります。エキスパートでは、スタイル機能、牽引、目次の作成など長文機能、ワード以外のアプリケーションのソフトから、データを取り込む作業など、ワードでの高度な機能を理解している方となっています。
エクセル(表計算ソフト)のスペシャリストは、基本的な関数や、数式の作成や、グラフの作成、セルの書式の設定などエクセルでの基本的な使い方をわかっている方となっています。女性マンガをお得にまるごと読み
エキスパートでは、条件付き書式、入力規則の設定、ピボットテーブルなどのデータを解析すること、マクロの作成や編集など高度な技術の理解が必要となります。