わたしが思うメンズファッション

メンズファッション、ようは簡単に言うと男性の服装についてですが、わたしは30代後半なんですが、ある意味この世代は特に時代の変遷の影響を受けたのかなあと感じます。

まず高校生時代今から約20年前になりますでしょうか?アメカジというファッションスタイルが一時期とても流行りました。これはつまりアメリカテイストなカジュアルなかんじですが、一つ違ったのは、カジュアルといいながらも、ものすごいこだわりのある服装が高額で販売され、ブランドの服装よりも高額なものが多く販売されたということです。
物の価値観を学ぶという意味では、当時も興味を示し勉強したのを思いだします。
この物への価値観は今でも役に立っているんじゃないかなと思います。

そして次は、「裏原」と言われた裏原宿付近で個人の若いデザイナーがブランドを立ち上げ、少量ながら個性的なものを流行させて、プレミア感たっぷりでこだわりや、丁寧に作られた高額の商品を求めたのを思いだしますね。これについてもまた、物の目利きや価値観など他の部類でも十分に役立つ勉強になりました。またこのときに、若いながら自分で起業する人が増え始めたのかなと感じました。
そして今現在のユニクロを始めとするファストファッション、安くデザインは無難にそして丈夫にと過去のいいとこどりで、まさに進化した形だと思います。ただ活かすも駄目にするのも最後は、服装ではなくその人のセンスだと思います。

男子大学生にはこんなファッションをして欲しい?→http://大学生メンズファッション.biz/