今までやっていた腹筋って意味なかったの!?30回。50回。正しい腹筋方法で10回でも効果的!

腹筋といったら、30回や多い方で50回なんて方がいるとおもいます。腹筋は数を沢山やらないと意味がないと思われていますが、ただ、本当に正しい腹筋ができているのでしょうか?腹筋といったら、起き上がる方に意識がいき反動で上がっているとあまり意味がありません。ただ、数を重ねると多少は意味があります。今回は、10回腹筋するだけで効果的!!尚且つ、効いている実感があります!まずは、あおむけになり、膝をたてて、肩幅ぐらいに足を開きます。次に腰にタオルを厚みをだして床と腰の間に挟みます。次にいきを吐きながら、反動はつかわずに、腰の下に挟んだタオルを潰すように起き上がります。その時におへそとお腹を縮めるイメージです。手は初めは伸ばして起き上がったときに膝の上に掌がつくところまでをゆっくり10回やります。これで、今まで50回もやっていたのが?のように、効果的に、尚且つ時短もできます!ぜひためしてみてください!

メルラインの赤札大盤振る舞いの最終便