ブラックリストに載るって怖いですね

ブラックリストに載るということは、クレジットカードやローンなどで返済が遅延し続けていたり滞納があったりする場合です。実際に金融業界にはブラックリストなんてありません。信用情報に事故情報が載っているという状態なので

今回は信用情報についてまとめてみました。

ブラックリストに冠が載ってしまうとどうなるかというと規定期間お金が借り難くなると言うだけの話です。

現実的には金融機関から昔の借金をするのはほぼ不可能になってしまいますが、これも絶対的なものではなく分割払いをするのかどうかはあくまで分割払いをする傍らのジャッジに委ねられていますから、分割払いをするだけのうまみがあるといった部分がジャッジをすればブラック入りをしている人間であっても分割払いを受ける可能性も無くはありません。

そのため、例えブラック入りをしたとしてもその後に昔の借金をしなければ、実社会で問題が発生するはないので人によってはたいして大きな影響ではないこともあります。

ところが実際にはそういった人間において昔の借金できないは甚だひどいものがあるようです。クレジットカードなども実質昔の借金ということになりますし携帯電話の分割払いなどもローンの域になりますので利用できない可能性が高くなってしまうので知らないところで不便な思いをすることがあります。

お金が借りられなくて闇金と関わりそうになったら闇金相談.jpもいいですね。

確かにブラックになってしまう状況だと昔の借金ができないのは難しいものがありますね。ただ信用情報jicc上ではファイナンス不運として販売されるので昔の借金をすることが難しいということがわかりました。

それだけにブラックリストに登記を患う期間がどれだけなのかは気になりますね。これはファイナンス不運の意義や私立信用情報jicc機構の報知継続期間によっても違いがあるので一概には言えませんが年間から10年齢って射程が広くいのが現状です。

たとえば全銀協(KSC)の信用情報jiccには破綻をした場合10年齢は記帳が残ってしまい、JICCは延滞が理由でブラック入りした場合には1通年記帳が止まることになる結果、ブラックになった意義や報知機構を通じて変わることも知っておきましょう。

また信用情報jicc機構に問い合わせをすれば自分の信用情報jiccがどうなっているか確認することができるのでそい言うサービスを利用して自分のステップを確認することもいいかもしれませんね。