老人ホームの種類と違い

一般的に老人ホームと呼ばれている施設があります。高齢者が利用する施設として認識されているものですが、実際にはいくつかの種類に分かれて運営されています。その中には老人保健施設があります。このタイプはリハビリを行うことを目的にしていることが多く、何かしらの病気や怪我をしてしまった際に、自宅に戻るまでの期間を過ごすことが多く、原則として短期間の滞在に限定されています。特別養護老人ホームもあります。このタイプは介護を常に必要としている方を対象にしていて、比較的利用料金が低めに設定されています。集団生活を送ることが必要ですが、就寝するための場所や食事の提供、日々の健康管理などを受けることができ、人気のある施設として知られています。グループホームに分類されているものもあります。比較的小さな施設になり、リハビリの他、普段の生活介助全般を受けることができます。現在増えている施設には有料老人ホームがあります。このタイプは個室で生活を送ることが基本になり、必要な介護全般を受けることができ、医師や看護師などと連携していることが特徴です。
事前の段取り:遺品整理