自力引越しから学んだこと

子供だった頃は別として、私は大人になってから二回自力での引越しを行ったことがあります。そして自力での引越しにはいろいろと小さな失敗がありました。

まず新居に移ってから荷解きや荷物の整理をしていると、いくつか見当たらないものが出てきました。例えば鍋はあるのにフタがなかったり、本がなくなっていたりといったことです。
こうして物がなくなると荷物の中をひっかきまわして探さなくてはいけなくなるので、手間がよけいにかかってしまいます。

また家具や大型家電を運んでいる最中に新居の壁をこすってしまい、まだ暮らす前に壁紙が傷ついてしまうなんてこともありました。業者さんに頼んでいれば失敗はまずないだろうと思いますが、やっぱりそこは素人のことで、いくら気を付けているつもりでもどこかで失敗してしまいます。

そんな自力の引越し体験から学んだことは、荷造りから運搬までの作業はいくら面倒でも手を抜かないということでした。私は荷造りで手を抜いたために物をどこに仕舞ったか分からなくなり、余計な手間がかかってしまったのですからね。

単身パックで東京から名古屋への引越し費用は?