中古の軽自動車購入のチェックポイント

中古の軽自動車購入のチェックポイントです。何よりもご婦人やくるまに関しての情報ゼロの方は、何としても覚えておいて下さいね。

1つ目外装になります。 外装については、買ったあとからキズやしみを見つけても、ディーラーにクレームは言えません。ですからこういって見てわかる点については購入前に注意深く確認しましょう。

と言えどもあくまでも中古車ですから、少々のことは承知しておく必要がありますが、それでも塗装のムラであったりガラスの小さなキズ、あるいはタイヤ状況などは、もしも気が付いたら確実に販売店に申し述べたほうが良いでしょう。

それから内装なのです。 内装は、例えば天井のシミ、座席の穴や変色などでしょう。かなり酷いのであれば、以前の使用者の扱い方が原因ということですので、きちんと確認して調べましょう。

その次にオーディオやスペアタイヤ、工具やジャッキといった付属品をチェックしましょう。さらにエアコン、窓の開閉状況、オーディオ、ライト類、ワイパーなどなど、可能であるなら実際に操作して確認し、調べましょう。

ラストになりましたが最後は当然ながら試乗です。 買ったあとに悔いが残らないように、ぜひとも試乗しましょう。そしてもし不具合や気になるところが少しでもあったら、すぐに購入を決断せずに、購入を考え直したほうが良いでしょう。

ステップワゴン 買取 福岡