私はかける言葉がない

この「不戦の誓い」こそ9条の精神であり魂だ。この精神、魂を失ってはやあの戦争で亡くなった大勢の方々にかける言葉がない。この精神・魂の継承のための尽力をしていかなくてはならない。

その方法として1つ目に「戦争・被爆体験」を若者が聞く機会を設けると共に、その声を残し伝えていかなくてはならない。2つ目には「教育」である。広島、長崎では夏休みの中、8月6日、9日は登校日である。アニメ「はだしのゲン」などを鑑賞し原爆の事を学ぶ機会となっている。しかし、日本史や世界史の授業において、近現代史は時間がない中で飛ばし飛ばしに進めていた。あくまで、教師は学習要綱をこなしているにしか過ぎず、生徒は試験のための勉強に過ぎない。

故に「8月6日」が何の日かをわからない若者が増加している。学校教育に平和教育の枠組みを展開していくことは平和国家日本として重要な課題であると信ずる。ある平和のリーダーは東京の焼け野原に一人立ち「悲惨の二字を無くしたい」と叫んだ。そのためにも、今再び不戦の誓いを若い世代に継承し、恒久平和のため前進して参りたい。
http://www.ベルタ酵素の楽天.xyz/