体型の悩みと改善方法について

年をとると、体型を保つことがどんどん難しくなりますが、いつごろ体型が崩れるかは個人差があります。体型の崩れ方にはパターンがありますので、年をとると体型がどういうふうに変わっていくかは、おおよその見当がつきます。

体のどの場所が崩れるかが大体わかっていれば、対策をとることも可能になります。体型に変化が現れる大きな原因は筋力の低下であり、筋肉が減ると同時に脂肪が増えた部分は徐々に下がっていきます。筋力が衰えることで、皮下脂肪や皮膚が重力に引かれて下がるようになるのは、30代を過ぎてからの話です。顔に張り巡らされている筋肉も30代になると落ちてきますので、顔の印象が少しずつ変わってきます。顔のラインが下がると、顔全体の印象が変化します。それだけでなく、腰周りの筋力が低下し、皮下脂肪が増加します。加齢によって体型が変化した女性の中には、ウエスト周りに肉がつき、くびれが確認できなくなる人もいます。また、インナーマッスルが衰えてくる年代でもありますので、足まわりにも変化が生じるようにもなるといいます。ただし腹部などと異なり、足は太くなるわけではなく、筋肉が減った影響により、細くなることが多いのです。見た目が細くなったといっても、足についている脂肪は変わらず、筋肉が減るだけです。ウォーキングや、エクササイズで、全身の筋肉にバランスよく刺激を与えることが、年齢を重ねても体型を崩さないためのポイントです。http://www.runningsalad.com/