私のおすすめの本

私は、今まで生きてきて本は沢山読んでいる。私が読んだ中で強く印象を抱いた作品を紹介させてもらいます。
文庫本で言えば、『三毛猫ホームズ シリーズ』 これは本格的な推理物を好む大人の方はあまり好きではないかも知れませんが、長い活字を読むのがまだ難しい小学生…特に中学年ぐらいからでもすぐに入り込める世界観と読む読者にも分かりやすい簡単な表現。

他にもライトノベル全般は、小説を漫画の感覚で読ませると言ったエンターテインメント性が非常に優れています。例えどんな作品でも、大抵は面白さが補償されます。

近年では、『カンタレラ』などと歌がノベル化され、そのまま漫画化、ミュージカル化されるなど、メディア展開も盛んです。
『Another』など、アニメ作品が後から漫画化したりする例もあれば、『ひぐらしのなく頃に』と言ったゲームが原作の作品も多々。ちなみにAnotherとひぐらしは、ともに実写映画化までしています。後はアニメの紹介みたいに、1クール分だけ漫画化したりする作品もちらほらと。

(カンピオ―ネなど)また逆に漫画の方が長く続く作品(ハンドレッドなど)や、アニメより漫画、漫画よりラノベ(原作故か)が長い作品(最弱無敗のバハムートなど)だってあります。

最後に個人的なお勧め作品を言いますと…『Another』 『ひぐらしのなく頃に』 『この青空に約束を』 『D.C.Ⅱ』 『秒速5センチメートル』 『School Days』 『カンタレラ』等があります。
haru黒髪スカルプ・プロ

もちろん、全部漫画化も文庫化もしていますので、是非。この様に一概に本と言っても、それぞれ微妙に違いがあって、楽しもうと思えばそのすべてが楽しめます。 簡単に影響を受けたと言っても、皆違うジャンルでそれぞれ違う影響を受けるのだから、是非、皆さんにもご自分に合った本に巡り合える様、色んなジャンルでの読書をお勧めします。