交通事故後遺症と慰謝料

交通事故の後遺症が出た場合、慰謝料を請求することができます。

慰謝料の請求には、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料があります。入通院慰謝料の場合、慰謝料の額はある程度定額化されています。自賠責基準、任意保険基準、日弁連基準の3つの入通院慰謝料があり、自賠責基準を1とすると任意保険基準が1.5倍、裁判基準が2倍になります。このように、どの基準で慰謝料を算定するかで金額に大きな差が出てきます。保険会社は、できるだけお金を払いたくないので、一番低い基準の自賠責基準を基礎にして提示してくるのが普通です。一般的に被害者が示談の範疇で解決する場合は、目安とてし、任意保険基準と日弁連基準の中間金額で示談するのが通例です。後遺障害に対する慰謝料は、被害者が後遺症を負ってしまった場合に別途請求できるもので、入通院慰謝料のように、入通院の日数や期間では計算しません。後遺症慰謝料も、後遺障害等級であらかじめ定額化されていて、示談で解決する場合は、入通院慰謝料と同様、任意保険基準と日弁連基準の間の金額で決めるのが普通です。

上田式腱鞘炎解消プログラム 上田康浩