ワキガの悩みには手術が有効

最近は、ワキガをなくすための手術を受けて、ワキガのない体になったという人が増加しています。体臭は、自分ではなかかな気づきにくいものです。周囲の人に嫌な思いをさせていないか気がかりな人もいるでしょう。

両親のどちらかがワキガ体質だったり、衣類の脇部分が黄色っぽくなったり、耳あかがじっとりしてたり、ムダ毛が多いという人は、ワキガに要注意です。生まれつきの体質でワキガになるのであって、疾患ではありませんが、美容皮膚科で対策を講じることが可能です。

美容皮膚科での治療に、皮膚表面に電磁波を照射し、汗腺を破壊して発汗やニオイの発生を抑えるマイクロウェーブ治療があります。片脇にかかる時間は20分ほどで、効果はずっと続きます。麻酔を使うため痛みもありません。

効果は有限ですが、脇の下にボトックス注射をすることで汗の分泌を抑え、ワキガの対策にする手術もあります。剪除法という手術では、ワキガの臭いのもとになるアポクリン腺を切除します。汗腺を全てなくすため、以後ワキガの汗はかかなくなりますが、メスで皮膚を切開するので、手術の痕が残る可能性があるようです。

保険が使える手術であれば、費用は両方を処置して5万円くらいで済みます。比較的負担が軽いメスを使用しない治療法や、高い効果が得られる手術があります。どういったワキガの状態なのかによって、その人にあったワキガ手術の内容は異なっています。

全身脱毛 大阪