日々のケアで加齢に勝ちたい

20代までは気にもしていませんでした。どちらかというと、昔から髪に対しては「多くていいね。きれいだね。」と褒められることが多かった私。特に手入れもせず、気にすることもなく、褒められることが当たり前だと思っていました。
また、その時は周りの40~50代の地肌が見えている方を見て、「どうしてどうしてそんなに髪が薄いんだろう」と思っていました。
しかし、私も30歳に突入し、徐々に抜け毛や白髪が目立つようになり、初めて髪のことを考えるようになりました。気にするようになってからは、地肌の面積が広くなったような気がし、不意に見つけてしまう白髪にショックを受けたり。毎日毎日髪のチェックをするようになりました。
シャンプーやリンス、トリートメント等、今までは何でも使用し、コスト重視でした。今は成分など、少しでも髪によさそうなものを選ぶなど、品質重視になりました。
加齢には勝てませんが、少しでも遅らせることができるよう、日々のケアに励む毎日です。

ミュゼ 今池