キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が

WiMAX通信に対応した機器は何種類か存在します。新製品が次々と登場し、WiMAX端末の持つ機能はどんどん強化される一方です。

具体例を言うと、WiMAX端末はWiMAXしか使用出来ない作りでしたが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線を選びながら使用可能です。他には、年々通信速度も速くなっています。

キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が採用された時も、通信速度が目まぐるしく速くなりました。モバイルインターネットサービスは、WiMAXのようなサービスが多々あります。一例を挙げるとすれば、速度制限無しを掲げるぷららモバイルLTEが存在します。(Broad WiMAXの特徴は?プラン別の特徴は?より)
このサービスに速度制限が無いと言うのは間違いありませんが、3Mbps程度しか出ない点が難点ではあります。ぷららモバイルLTEの通信速度は、速度制限時のWiMAXよりも低速です。

 

そう考えると、速度制限無しとは言えども、WiMAXと比較すれば、常に速度制限状態だと言えます。
大容量通信を行なう方向けのモバイルインターネットサービスとして流行ったWiMAXではありますが、通信のし過ぎには注意しましょう。他社のモバイルインターネットサービスと比べると、そんなにWiMAXは厳しめな速度制限を設定していません。

だからと言って、速度制限が適用されるケースもありますから、時々は通信量を気にかけると良いでしょう。だけども、速度制限が適用されたケースにおいても、動画を観たり、インターネットをしたりする位は出来ます。

光インターネットサービスが主流ではありますけれども、結構人気のモバイルインターネットサービスが出て来ました。

持ち運ぶ事が出来ない固定回線とは違い、とても利便性が大きいのが特徴です。

 

モバイルと言えば、不安定さを感じる方もいるでしょう。とは言え、モバイル関連の基地局の数は増える一方ですから、通信を安定した状態で楽しむ事が出来るようになりました。ですから、モバイルだからと言っても、使えないと言う事は無いです。WiMAX通信を行なう為の機器は、徐々に性能が上がって来ています。
際立って、通信速度の改良が目立ち、現在、下りの最大通信速度は220Mbpsも出ます。

でも、近頃は通信速度よりも、総通信量が重要視されている傾向が見られます。

最新WiMAX機器のWX02やW02も、WX01やW01の通信量の表示機能が強化されたと言う形で発売されました。何故かと言うと、3日間で3GB以上の通信を行ったユーザーに課せられる速度制限、この適用が厳しくなって反発するユーザーが続出したのです。そう言う訳で、製造会社及び使用者としては、一番気になる関心事がここにスライドしたのです。