多種多様な街コンと向き不向き

私が初めて行った街コンは近隣の複数店舗を使った、大きな立食パーティーのようなものでした。次に行った街コンは1対1でテーブルに座り、時間がきたらどこか他に移るというもの、さらに別の街コンは男性年収700万円以上、女性20代限定、またさらに別の街コンでは男性が順番に女性のところをまわり全員と話せるものでした。
Continue reading  

ウォーキングとレッグマシーンで健康的にダイエット!

私は現在20代前半の主婦ですが、19歳の頃はとても太っていて知らない人からいきなりの誹謗中傷を受けたことをきっかけにダイエットすることを決意しました。
私なによりリバウンドは絶対にしたくないと考えていたので、できるだけリバウンドのしにくいダイエット法をネットで調べた結果挑戦したのがウォーキングダイエットでした。
Continue reading  

リンゴだけで過ごす週末のプチ断食で体をリセット

毎年冬になると青森の親戚から沢山リンゴが送られてきます。一人暮らしになって初めて果物がこんなに高いことを知りました。なのでそのリンゴがとてもありがたかったです。毎日のようにリンゴを食べています。リンゴは医者いらずと言われていて健康に良い果物です。
Continue reading  

リラックス方法を見つけてから不眠症が気にならなくなりました

“もともと神経質な性格と仕事の疲れで頭がさえてしまい一時期不眠症になりいつも頭がぼうっとした状態でした。寝る前に風呂に入ったり暖かいミルクを飲んだりしてもなかなか眠られず、そのまま朝を迎えてしまうことも珍しくないほどでした。
Continue reading  

無添加の基礎化粧品を購入する時には

モビット 自動契約機

無添加化粧品を使う人が増えていますが、どういう商品が無添加の基礎化粧品なのでしょう。

無添加と聞くと、お肌への刺激が少なく、肌トラブルのリスクが低いものという印象を抱いている人が大勢いるようです。

しかし、無添加化粧品と謳っていいものはどんな化粧品なのかという明確な決まりはありませんので、ある種ものは言いようです。

着色料と香料の成分が使用されていないというだけでも、無添加基礎化粧品という表示をして販売されている商品もあります。

着色料と香料は配合されていないけれど、肌に刺激があるとされている石油系の界面活性剤が配合されている可能性があるのです。

無添加化粧品として販売されている商品には、アレルギーを引き起こす恐れがあるパラベンが配合されていないという訳では無いのです。

無添加と書かれている時には、界面活性剤や着色料、香料については無添加だったという基礎化粧品もあります。

無添加と記載されているかどうかだけでなく、どんな成分が配合されているかを成分表示からチェックして上で商品を選ぶようにしましょう。

基礎化粧品の中には、無添加オーガニックを売りにしているものもありますが、オーガニック成分以外の原材料が使われている場合でもオーガニックと書かれていることがあります。

100%とは記載されていませんので、少しでもオーガニック成分が使われていれば、オーガニック化粧品となっているのです。

添加物が配合されていないことで腐りやすく、劣化が早いというようなケースもあるので、無添加の基礎化粧品は保管に注意が必要です。

無添加の基礎化粧品を使いたいという人は、配合されている成分をしっかりチェックした上で、購入するようにしましょう。