時効援用制度をつかって借金を帳消しにするメリット

借金は利息分も含めて借りた分をすべて貸主に返すのが基本ですが、この他にも時効援用制度を利用する方法によっても借金を無くすことができます。

時効援用制度を利用するためには、厳しい条件を満たした上で法令に則った方法で手続きをふまなければなりませんが、正規の方法で手続きをすすめて時効援用が成立し、債務がなくなれば、これとともに時効が成立するまでの期間で発生する利息と遅延損害金の支払い義務についても消滅します。

したがって、貸主に対して返済金を支払う義務もなくなり、成立後は返済の催促もなくなります。

これが時効援用制度のもっとも大きなメリットとなります。

また、信用情報機関によっては、時効援用が成立することによってそれまで記録されている事故情報が削除されることがある点もメリットといえます。

時効の援用を主張することが可能となる債務者の信用情報には、少なくとも延滞した事実が登録されていますが、時効援用が成立した場合のこの情報の取り扱いは信用情報機関によって異なっています。

JICC(日本信用情報機構)の場合は、貸主が時効援用が成立した旨を報告するとその債務に関する信用情報は全部削除され、貸主が他の信用情報機関に情報提供していなければ借金をする前のまっさらな状態に戻ります。

しかし、CIC(全国銀行個人信用情報センター)の場合だと、時効の援用が成立すると「貸し倒れ」か「契約終了」のいずれかの情報が5年間掲載されます。

貸し倒れも契約終了も事故情報であるため、掲載日から5年間は新規にお金を借り入れたり、クレジットカードの新規会員申し込みをしようとしても、審査の段階で拒否されることになります。よく読まれてるサイト⇒消滅時効の援用をしてくれる代行とは?