過程

酵素ダイエットからの回復食に適したご飯メニューは、味噌汁やお粥などの低カロリーであり、消化しやすいご飯です。当然、量も少なくしなければなりません。そして、ベビーフードを利用するのもいいでしょう。市販のベビーフードを使えば、まあまあ楽できて、 Continue reading  

少量

アンチエイジング成分配合の化粧品をお肌のお手入れに使えば、老化の象徴であるシワやシミ、たるみなどがゆっくりにする事が出来ます。しかし、アンチエイジング化粧品を使っているからといって、生活習慣を整えなければ、肌の老化スピードに負けてしまいその効果を感じることはできないのです。 Continue reading  

血行を促進

運動が育毛に効果的だといわれても、よくわからないかもしれません。しかし、運動不足では血の循環が悪くなりがちで、太りやすくなります。血の巡りが悪くなると毛髪の成長に必要な栄養が頭皮まで行き渡らなくなりますし、太り過ぎも薄毛の要因の一つなのです。 Continue reading  

使用中止

どんな方であったとしても、スキンケア化粧品を選ぶ際に気をつけることは、お肌に余計な刺激を与えてしまう成分をできるだけ含まないということが一番のポイントです。保存料などが入っていると肌に刺激を与えやすくてかゆみ・赤みなどの肌トラブルを引き起こしがちなので、 Continue reading  

イソフラボン

豆乳は胸を豊かにするのに効果があるとして知名度が高いですね。「大豆イソフラボン」という成分が豆乳に含まれていて、その働きとして女性ホルモンに似た作用があるといわれているのです。現在では、飲みやすいように独特の臭いを消した豆乳が売られていますから、 Continue reading  

毛穴の汚れ

お肌のお手入れのときには、保湿剤を塗ることや、丁寧なマッサージをするといったことが効果があります。しかしながら、体の内部からお肌に働きかけることはより重要なことなのです。暴飲暴食や寝不足、喫煙などは、どんなにいい化粧品を使っていても、 Continue reading  

多汗症は治療できる

多汗症は、多量の発汗がみられる疾患で、手のひらや顔・脇・足のうらに集中して発汗するもので、
たくさんの汗をかく「汗かき体質」とは異なります。
一般的な多汗症の用語も誤って報道されたりすることが多く、間違って認識している人も多いです。
よく言われている、緊張・不安などのストレスから一時的に多汗症になる、なんていうことはありません。

多汗症は「身体異常の疾患」であり、「精神異常」が原因ではありません。
緊張・不安などのストレスから一時的に発汗することとは異なり、病的な発汗が多汗症です。
「汗の失禁」と表現する人もいるくらいです。

風邪をひいてもいないのに鼻水がたれたり、口元を閉じようとしても、唾液が漏れ出してくることや、
トイレを我慢していても失敗する等、体の明確な機能の失調として多汗症は位置づけられます。
少し汗が多いというだけで多汗症ではありません。

したがって、気持ちの持ち方などは関係ありません。

じつは、幼少期から多汗により学業・日常生活に不具合をきたすケースが散見されるため、「局所多汗症」
として健康保険の治療ができます。
多汗症は多汗症という病気があまり知られていないため放置されたままの患者が多くいます。

本人が病気と認識していなかったり、家族・友人に理解されず困っている人が多くいるのが実際です。

多汗症改善